スタッフブログ

冨安 洋美

CIRQUE DU SOLEIL

[2019/03/16]

スタッフ:
冨安 洋美
カテゴリー:
プライベートダイアリー
いつもシトロエン大分ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


アシスタントの冨安です。


先日「CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ドゥ・ソレイユ)」のKURIOS(キュリオス)を観に行ってまいりました!!


皆様、シルク・ドゥ・ソレイユはご存知でしょうか?
観に行かれた事がある方も多いのでは?💓


カナダを拠点とする、世界的に有名なサーカス集団です♪


世界トップクラスの大道芸人・ダンサー・アスリート・美術家などの集まりで、日本人の方も活躍されています♪


2年前に「TOTEM(トーテム)」を観て人間の極限を目の当たりにし、感激しまして✨
今年も行ってまいりました!!


今年はまた前回よりもハラハラドキドキで楽しかったです💓


私は前から3列目の良い席がとれましたので、
ワイヤーで吊るされたキャストの方が私の頭上を舞ったり、
客席に降りてきたりと参加型で楽しめました♪


福岡公演は3月いっぱいまで行っております。
当日券の購入も可能だそうですので、ご興味のある方には是非観に行って欲しいです!!(冨安ゴリ押し)


究極のエンターテイナー達の姿を一度は見ていただきたいです✨


あの感動を共感できる方と語り合いたい冨安でした。

小池 勇介

小池の大冒険♪♪ PART.2 ニューカレドニア編

[2019/03/10]

スタッフ:
小池 勇介
カテゴリー:
プライベートダイアリー
 
いつもシトロエン大分ブログをご覧頂き、有難う御座います。


ワークスの小池です。


昨年の2月に公開しました、小池の大冒険♪♪ PART.1 ニューカレドニア編
 

・・・から早1年が経過・・・。

 
1年のブランクを経て、ついにそのベールを脱ぎ、PART.2 公開!!!
 
 
・・・・・ですが、すでに記憶が薄くなっております。
 
 
今回は写真集として、お送り致します!!

 
 
  
日本では見かけない働くシトロエンや、懐かしのシトロエン、色んなシトロエンが見れましたね♪♪♪
 
 
う~~ん・・・。
 
 
もう少し風景も写せばよかったです・・・。

 
リゾート感が足りない気が・・・。
 
 
またいつかこういった機会に恵まれましたらその時はっ!!
 
 
・・・と胸に誓ったコイケなのでした。
 
 
では、また。

後藤 絵美

自分へのご褒美

[2019/02/24]

スタッフ:
後藤 絵美
カテゴリー:
プライベートダイアリー




いつもシトロエン大分ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


アシスタントの後藤です。



先日友人とイタリアンに行って参りました✨

実は3年前から行きたかったのですが、なんせイタリアンなので勇気がいりまして・・・(/_;)

あまり行く機会がないので、自分へのご褒美として行くことにしました💗


知ってる方も多いと思いますが、杉乃井ホテルにある


『レストラン アズーリ』


です(*^-^*)後で知ったのですが予約しないと満席で入れない事があるんだとか!!

予約しといて良かったです・・・(笑)










前菜の盛り合わせ



新鮮なウニのクリームパスタ






コースでしたので、この他にも2、3品ありお腹も満たされました( *´艸`)


店内の雰囲気も優雅で、おしゃれな料理も楽しめてリフレッシュできました!

たまにはお洒落なお店も良いですね♪


テラスもあるので天気が良い日は外での食事も出来ますよ♪♪





皆様にもおススメです💗是非行ってみてください!(^^)!






小池 勇介

ぶらり長崎の旅

[2019/02/24]

スタッフ:
小池 勇介
カテゴリー:
プライベートダイアリー
 
いつもシトロエン大分ブログをご覧頂き、有難う御座います。
 
ワークスの小池です。

先週の休日、
 
中国の旧正月を祝う行事「春節祭」を起源とする、
 
長崎の冬の一大風物詩「長崎ランタンフェスティバル」
 
を見る為、ぶらり長崎の旅に行ってまいりました。
 
華やかなランタンの数々に魅了されました。
 
是非一度足を運んでいただきたいです。
 
がしかし、
 
やはり私にとってのメインは「食」です。
 
↑ 寿司の左の白いものは長崎名物の白鉄火巻き。
 
大将の話によると、
 
昔々、長崎ではマグロの流通が無くてブリやヒラマサを巻いてたそうで、
 
長崎の鉄火巻きといえば白鉄火が当たり前だったそうです。
 
長崎の海の幸も堪能でき、充実した休日となりました。
 
皆さんもぜひ足を運んでみてください。
 


 
最後に。
 
エアコンフィルターキャンペーンが3月30日までとなっております。
 
花粉の時期の今こそ、エアコンフィルター交換をおすすめ致します。
 
この機会をぜひお見逃しなく、お気軽にご予約下さい。
 
 
 
◆シトロエン大分ワークス
 TEL 097-574-4464

奥野 大介

別府タワー、グローバルタワー、そして、別府ロープウェイ。

[2019/02/15]

スタッフ:
奥野 大介
カテゴリー:
プライベートダイアリー


いつもシトロエン大分ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

奥野です。




タイトルの件。

地元民が、実はあまり登った事の無い、別府の高いトコ。




別府市民となって10年以上が経過したワタクシ、別府タワーの足元で10年近く働いてもおりましたが、展望デッキには2~3回程度しか登ったコトがございません。


名古屋テレビ塔、通天閣に次いで日本3番目の高層タワーであり、東京タワーを設計した、かの内藤多仲先生の『タワー6兄弟』のうちの一つに数えられる、登録有形文化財なのでございます。

観光客の方々が、よく記念撮影をされている姿を見かけますが、是非とも展望デッキまで登って頂きたいものでございます。




ビーコンプラザの敷地内にあるグローバルタワーに関しましては、登ったコトがあるような、無いような...。


展望台からの景色に記憶があるのですが、もしかしたら、何かの番組で観たものを、体験した気になっているのかも?と、思っておりまして。

自分の記憶力の無さには自信がありますので、相当曖昧なのでございます。


125mの展望塔、地上100mにある展望デッキなどは、まさに高い所好き(とはいえ高所恐怖症、実は怖いトコ好き)のワタクシ、行くべき場所なのでございますが。


記憶がハッキリしませんので、実際に近々トライして来ようと思っております。





そして、本題の、『別府ロープウェイ』、なのでございます。



さて、皆様、お乗りになられた事はありますか?


先般、某『〇〇〇の知らない世界』という番組でも取り上げられていましたが、もっと地元民が自慢してよい、ステキ観光スポットだと思うのでございます。




今や、相当にふてぶてしい人間になってしまったワタクシにも、少年時代はありまして、しかも、相当にビビりの小心者でございました。


ホバークラフトや飛行場のような轟音を聞くだけで震え上がってしまうほどの肝の小さかったオクノ少年は、初めてロープウェイに乗せられた時

『僕は今日、ここで死ぬ』

などと、真剣に考えながら、外の景色を楽しむワケもなく、ただひたすら、ゴンドラの床を凝視しておりました。



ですが、いつの頃からか危険な事が大好きになってしまったオクノ青年は、高いトコや暗いトコ、色んなトコにスリルを求めるようになってしまいまして。

結果として、あれだけビビっていたロープウェイも、ただただ、素晴らしい鶴見岳からの素晴らしい景色を楽しめるようになったのでございます。




あ、誤解を招くような表現になってしまいましたが、別府ロープウェイ、危険性は全くありませんよ(笑)

揺れたりもしませんし♪

素晴らしい景色を、ただただお楽しみ頂けます(笑)




で、先日、ふと思い立って、数年振りに登ってきました。






常に死にかけのワタクシのスマホ、数ヶ月振りにカメラが起動しまして、奇跡的に数ショット、撮影が出来ました(笑)


ですが、よく見ると、レンズが死んでいるので、汚い...。


なので、じっくりとは見ないで下さい。







途中、このよーな鉄塔が4本くらいあったかと思います。


一番高いのが、第二鉄塔(だったかな?お姉さんが詳しく説明して下さるのですが、記憶力がナイもので...)。


詳しくは、別府ロープウェイの公式HPを!





こーんな感じになっています、支柱の上の部分(なんと呼ぶかは存じませんが)。





途中、必ずど真ん中で、すれ違います、もう1台のゴンドラと。



すれ違う度に

『なんか、むこうのゴンドラ、めっちゃ速ぇー!!』

と感じるのですが、これは、相手から見ても、同様です(笑)



つるべ式に上からと下から、2つのゴンドラが動いているので、速度はかならず同じなのでございます。


なので、すれ違う場所も、必ず、同じ。






少々見辛いですが、急斜面で、ゴンドラ直下の木を剪定しておられました。


ゴンドラが通過する瞬間、チェーンソーを唸らせてくれた(?)のですが、あれは僕たち乗客へのアピールタイムだったのでしょうか(笑)

とにかく急斜面での作業、ご苦労様でございます<(_ _)>




そして、どこでどのようにして乗ったのか分かりませんが、ワタクシが鶴見山上駅から下ろうと、帰りのゴンドラが登ってくるのを待っていた際、このお二人、ゴンドラの上の部分(ケーブルがある部分)に乗って鶴見山上駅に登場しました(笑)


鉄塔の上まで登って、ゴンドラが通過する瞬間に飛び乗ったりするんでしょうか?(笑)


ドラゴ〇ボールの筋斗雲スタイルで、颯爽と登場したのに、ちょっとウケたのでございました。






山上駅は、うっすら雪が残っておりました。



高原駅も標高500m地点なので、そこそこの高さにあるのですが、山上駅は更に800mも上、標高1,300mオーバー(詳しくは、別府ロープウェイの公式HPを!)。


気温が低いと言いますか、空気の密度が違って感じられます。





ちょいと上まで登ってみましたが、階段は雪で覆われ、登るのはほどほど容易でしたが、降りる際にはかなり緊迫した状態でした(笑)


外国からの観光客の方も多くいらっしゃったのですが、皆さん、一歩一歩、相当用心しながら降りておられました。


そこを素知らぬ顔でヒョイヒョイ下りていく、小太りの中年(ワタクシ)(笑)


スピングル〇ーブ、さすがメイドインジャパン!(どっかで聞いたようなフレーズ...)


実は案外バランス感覚の良い、ワタクシ(笑)








お帰りの際も、やっぱり10分。



この日は快晴でしたので、少々肌寒いという程度でした。

景色は最高で、三原氏サイコー♪、いや、見晴らし最高でございました♪♪




皆さんも是非、別府ロープウェイ、乗ってきてみて下さい♪

別府市民として、オススメスポットです♪♪



観光都市別府の一構成員としての、ご案内でした(笑)